未男性が活躍するインテリアコーディネーター求人

インテリアコーディネーターTOP >> 条件別の求人 >> 男性が活躍する

男性が活躍するインテリアコーディネーター求人

インテリアコーディネーターという仕事に対して、「女性の仕事」と決めつけるのは間違いです。インテリアコーディネーターと一言で言っても、求められるフィールドはさまざまあります。販売を着地点にしている場合、また、営業数字などのノルマがある場合には、デザインやコーディネートの知識だけでは職務を完遂できません。また、建築系、不動産系の企業では仕事がハードになることも多々あります。体力と気力が必要な局面も、少なからずあります。

体育会系で販売主体の環境であれば、男性のインテリアコーディネーターもたくさん活躍しています。もちろん、だからといって女性がそのような企業に勤め辛いということではありません。インテリアやデザイン家具を多く取り扱うため、「先進的な」であるとか「前衛的な」という言葉がイメージとして湧いてくるインテリアコーディネーターですが、その能力を販売の現場で求められていたり、リフォームの細部の詰めの局面で求められていたりとさまざまなのです。男女の雇用機会は均等である必要がありますし、男性であるから雇ってもらえなかったということは基本的に起こらないはずなのですが、男性社会として長く続いている業界を視野に入れると、内定までの難易度が一気に下がることがあります。

あまり馴染みのなかった業界に転身する際、特にクリエイティブを発揮する仕事だからといって、「フィールド」を限定してしまうことは忌むべきことです。自分の中でなんとなく区切ってしまったことに、無意識のうちにこだわってしまうことがありますが、それが職探しの可能性を狭めていることもあります。「インテリアコーディネーターは女性が多いので、男性は不利だ」という思い込みが、自然と自身の行動に制限をかけてしまっていることがあります。

性別は関係なく、自分がやりたい仕事、活躍できるフィールドは必ずどこかにあるという思いで求職活動を続ける必要があります。雇用機会はイーブンの世の中ですが、自身が納得できるような相手を見つけるまでに時間がかかってしまうケースもあります。専門職であるインテリアコーディネーターも同様です。それは男女の区別なく同じです。そのような時に転職活動をサポートしてくれるエージェントがいれば、モチベーションを維持したまま仕事を続けることができます。「先入観」というものは怖いもので、自身のなかで抱いている思い込みを打破するためにも、まずは転職の専門家に相談するのが最適です。

インテリアコーディネーターの求人に強い転職サイト

  サービス名 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2018 インテリアコーディネーター求人ガイド All Rights Reserved.