インテリアメーカーのインテリアコーディネーター求人

インテリアコーディネーターTOP >> 条件別の求人 >> インテリアメーカー

インテリアメーカーのインテリアコーディネーター求人

床材や壁紙、照明、カーテンなどの内装のほか、キッチン・浴室・トイレなどの住宅設備、家具、エクステリアなど、インテリアメーカーにもいろいろあります。それぞれのインテリアメーカーでインテリアコーディネーターを必要としている会社があり、全体の求人数も少なくないので、幅広い採用先から自分に合った職場を選べます。

インテリアメーカーでは、ハウスメーカーや建築事務所のように、住空間全体のコーディネートを提案することはほぼありません。例えばキッチンのメーカーならキッチンだけ、照明メーカーであれば照明器具や配灯プランだけ、というように、部分的な提案をすることになります。主にショールームで接客・販売を行う仕事です。

接客の対象となるのはエンドユーザーのお客様に限らず、建築士や施工業者など、同じ業界の人である場合もあります。また、ハウスメーカーなどのインテリアコーディネーターが、アドバイスを求めてやってくることもあるのです。トータルで部屋や家をコーディネートしている仕事では、細かなメーカーの商品のことまでは詳しくないので、壁紙、カーテンといったそれぞれのインテリアメーカーのショールームに足を運び、専門のインテリアコーディネーターに、商品について詳細な説明を求めるわけです。

インテリアメーカーのインテリアコーディネーターは、自社製品に関する知識をしっかり身に付けなくてはなりません。加えて、各メーカーが取り扱う分野に沿った専門資格を所得するのが理想的です。キッチンならキッチンスペシャリスト、照明なら照明士や照明コンサルタント、壁紙やカーテンならカラーコーディネーターといった具合です。転職前に取得しておけば、採用時に優遇されるケースが多いです。

また、設備仕様や展開図などの図面も作成しますが、建築事務所のような専門性の高さは必要なく、メーカーにあるベース図面をCADにより修正する程度です。

インテリアメーカーでは、商品の提案スキルが最も大切です。前職で接客・販売の経験がある人は強みとなるでしょう。ショールームで展示品を実際に見てもらいながら、他社の商品と比較しつつ、自社商品をおすすめします。商品の知識は当然のこと、商品の魅力が十分に伝えられるプレゼン力、お客様の心を動かすような話術も必要となってきます。

インテリアコーディネーターの就職先としては、比較的間口の広いフィールドなのがインテリアメーカーです。まずはこの業界に飛び込んで、現場で実務経験を積み、資格を取得して次のステージを目指す人も少なくありません。

インテリアコーディネーターの求人に強い転職サイト

  サービス名 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2018 インテリアコーディネーター求人ガイド All Rights Reserved.