中卒でもok(学歴不問)のインテリアコーディネーター求人

インテリアコーディネーターTOP >> 条件別の求人 >> 中卒でもok(学歴不問)

中卒でもok(学歴不問)のインテリアコーディネーター求人

インテリアコーディネーターには、「学歴」はほとんど関係ありません。以前は各企業に「学閥」というものがあり、どの大学を出ているのかということで社内でのポジションや、有利不利が確定されてしまった時代がありましたが、それは、「終身雇用」というシステムが生きていた証です。「転職」などという考え自体がサラリーマンの身分では浮かんでこなかった時代で、毎日会社に通って働いていれば、歳を重ねるとともに給与が上がっていくという安定のシステムが実現されていた時代での話で、現代はすっかり状況が変わっています。

「働く人」が「働く場所」を自分の思い思いに選ぶようになった現代では、勤めている会社の業績が傾いて自身の収入に影響を及ぼすような状況になれば、誰もが転職を意識するようになりました。企業が人を選ぶのではなく、人が企業を選ぶという時代です。企業にとってみれば「人材」は流動的で、少しでも優秀な人に来てほしいというニーズがあります。そして、「人材を育てる」という考えがある反面、育てた人材が流出してしまうかもしれないという懸念も同時にあるのです。

そのような流れの中で、自然と「人材」に対しての捉え方が変わりました。それは、「実力主義」での判断になったということです。さらに、求人元によって人材に対してそれぞれのニーズがあり、何を実力とするのかということにも違いがあります。営業成績なのか、持っている資格なのか、前時代的に学歴を重視するのか、それぞれ異なります。インターネットで情報を探していると、最終学歴として求められているものは相変わらず四大以上であったり高卒以上であったりする場合がありますが、実はそれは「建前」です。

転職エージェントが握っている求人の多くが、「学歴などは本当はどうでもいい」というものばかりです。「できる人であれば学歴は関係ない」というのが採用担当者の本音で、インターネット上での掲載をある程度絞っているのは、ある程度流入してくる情報を絞りたいからでもあります。実際に転職エージェントに相談してみればわかることですが、インテリアコーディネーターというクリエイティビティの高い職種ほど学歴は判断されません。その代わり、コーディネーターとしての実績、もしそれがないのであれば意志を感じられること、要は、「成長が期待できる行動」の履歴と意思表示が求められています。表に出ている情報と実際の転職の「差」が実感できるのも、転職エージェントに相談した際のメリットで、リアルタイムのニーズを知ることができます。

インテリアコーディネーターの求人に強い転職サイト

  サービス名 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2018 インテリアコーディネーター求人ガイド All Rights Reserved.