未独立に役立つインテリアコーディネーター求人

インテリアコーディネーターTOP >> 条件別の求人 >> 独立に役立つ

独立に役立つインテリアコーディネーター求人

クリエイティブな仕事であるインテリアコーディネーターでは、自身のセンスや世の中に溢れる商品に対しての知識を最大限に活かすことでどんどんキャリアを積み重ねていき、やがては自身で独立して事務所を持ちたいと希望を抱く方も多くいます。もちろん、キャリアがないような状態でいきなり独立しても、顧客がいなければ仕事はありません。「独立」が最終目標である場合には、必要になる要素がさまざまに存在しています。

コーディネーターとしての経験を積むという観点からは、できるかぎりさまざまな案件を抱えた企業に就職することが最善です。さまざまなコーディネーターが必要になるケースを一社で経験できれば、この仕事がどのような部分に影響を及ぼすことができるのか身を持って知ることができます。さらに、相手によって重視しなければいけないことに違いがあるということなども理解できるでしょう。「個」を出せる職場、自分のセンスが責任を持って発揮できるような環境で働くことも大切です。そして、意識として「名前を売る」という感覚も必要で、ただ会社の仕事としてサラリーマンとして働くだけでは、独立への道はまだまだ遠いでしょう。

自分ひとりで起業したときのことを考えてみましょう。会社で働いていれば黙っていても仕事が降ってくる状況です。販売がメインなのであれば、売り場に立っていればそれを検討する顧客が足を運んでくれますし、企業が相手の仕事であれば、自社の営業が案件を引っ張ってきてくれます。ひとりで開業すると、営業も見積もりも実際のコーディネートも、さらには代金の回収に至るまで自分で行う必要があります。そこで、それら一連のプロセスをすべて経験できるような職場に勤めることが、起業への第一歩です。

とは言え、「これから一緒にがんばろう」と言っている求人主に対して、「自分は最終的には起業が目標です」とは伝えてはいけません。それは、「いつかは辞めます」と言っているようなもので、そのような目標は内に秘めておきましょう。それでも自分の目標に役に立つことを経験したいわけですから、誰かに相談して適した求人を見つける必要があります。そのような際に最適な相手が転職エージェントで、最終的なビジョンを共有することで、そのために最適なキャリアプランを提示してくれる頼もしい味方になります。ひとり何役もこなすような小さな事務所なども取り扱っている場合がありますので、そのような求人を紹介してもらえるよう相談してみるのもひとつの手です。

インテリアコーディネーターの求人に強い転職サイト

  サービス名 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2018 インテリアコーディネーター求人ガイド All Rights Reserved.