ハウスメーカーのインテリアコーディネーター求人

インテリアコーディネーターTOP >> 条件別の求人 >> ハウスメーカー

ハウスメーカーのインテリアコーディネーター求人

ハウスメーカーのインテリアコーディネーターの主な仕事は、依頼主の要望を聞き取り、快適な居住空間をプロデュースすることです。新しく家を建てるお客様へ、壁紙や照明、カーテン、家具などを組み合わせ、配色も整えて提案し、販売に結びつけるという業務です。そのため、インテリアに関する知識だけでなく、依頼主の好みやライフスタイルを聞き出す力や、それをもとに商品を使ったコーディネートを提案する力が求められます。

インテリアコーディネーターの求人を探している時、一番見つけやすいのがこのハウスメーカーという職場です。各メーカーが数多くの展示場に必ず専属のインテリアコーディネーターを数名置く必要があることからも、求人数が多くなることがわかります。こうした実情から、採用の可能性の高さを期待できる他、ヒアリングに始まりアフターフォローまで、総合的にコーディネートできるこのフィールドは、経験を積むのには最適と言えます。将来は独立をしたいと考えている人であればなおさら、一度は経験しておきたいものです。

この仕事に就くには、資格の有無よりも実務経験、インテリアや建築の知識、そして転職先のハウスメーカーとの相性が良いことが重要となってきます。センスや技術も大切ですが、業務上、打ち合わせの回数も多く、さまざまなお客様や取引先と接することになるので、仕事をしながら磨いていけるはずです。また、他のインテリアコーディネーターと一緒に仕事を進めていくことで勉強できることが多く、まだキャリアの浅い人などには向いている職場と言えるでしょう。もちろん、資格はないよりあった方がいいでしょう。勉強をすることで建築に関する法律や、設計・製図などの知識も身に付くので、資格があれば採用時に有利になるだけでなく、仕事についてからも大変役立ちます。お客様からも信頼を得られやすくなりますし、幅広い知識があれば、お客様により深みのある提案ができます。

求人としては、インテリアコーディネーター募集、と求人誌などに大々的に載せることはあまりなく、自社ホームページで中途採用の希望者を募集していることが多いようです。転職サイトや派遣会社に登録しておくのもいいでしょう。実務経験がない場合は、インテリアコーディネーターとしての採用は難しいものがありますが、最初は事務職として入社し、資格を取得するなど熱意を示し、やがて希望の職種を勝ち取った人もいます。やる気がものを言う世界でもあるのです。

インテリアコーディネーターの求人に強い転職サイト

  サービス名 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2018 インテリアコーディネーター求人ガイド All Rights Reserved.