未服装自由のインテリアコーディネーター求人

インテリアコーディネーターTOP >> 条件別の求人 >> 服装自由

服装自由のインテリアコーディネーター求人

クリエイティブな仕事は服装が自由だ、というのは思い込みです。起業によってスタッフに求める服装には差があり、そこにはさまざまな理由があるものですが、ほとんどが企業の「こだわり」のようなものであり、従業員が変えようと思って変えられるようなものではありませんので、自身が希望する服装を実現している企業に就職することが大切です。傾向としては、よりクリエイティブな環境であればあるほど、服装を自由にしている企業が多いようです。

逆に、制服やスーツが多い職場にどのようなものがあるかというと、主に店頭での仕事になる場合や「営業」が主体になる場合で、顧客と接することが多い環境であるのであれば、服装にも気をつけることを求められます。もちろん、企業によっては営業の現場に赴く場合でもスーツでなくて良いというところもあるのですが、そのような場合でも、その会社の「顔」としての服装やトーンマナーのようなものを求められることがほとんどです。「服装が自由」ということでも、しっかりと社会人として相応しい格好というものを求められるということは、どこにいっても抑えておく必要があります。

服装自由のインテリアコーディネーターの仕事を見つけるためには、極力、販売などの店頭に立つような仕事ではないものを選ぶようにすると良いですし、服装が自由という内容が求人情報に記されていれば、それは信用しても良い情報です。しかし、どうしてもその条件では自身で気に入る求人が見つからない場合もあります。そのような時は、自分のこだわりとやりたい仕事の内容をあらためて照らし合わせて、時には天秤にかけるようなことになったとしても、よくよく考える必要があります。

もうひとつの選択肢としては、「どうしてもない」という状況が「本当か」ということで、自分の探し方が悪いのではないかということを考えることも大切です。つまり、違う人が情報を探せば違った結果が得られるのではないかということで、仕事を探すプロに頼んでみれば、希望のスタイルが叶い、それでいて希望の仕事ができるフィールドが見つかる可能性が高くなります。仕事を探すプロの筆頭が転職エージェントで、求人が発生している企業から直接情報を得ているうえ、状況も日々変化しています。急な欠員などにも対応するため、各企業と密に連絡をとっていることがほとんどなので、情報に精通している「転職アドバイス」のプロと言えます。

インテリアコーディネーターの求人に強い転職サイト

  サービス名 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2018 インテリアコーディネーター求人ガイド All Rights Reserved.