アシスタントから始めるインテリアコーディネーター求人

インテリアコーディネーターTOP >> 条件別の求人 >> アシスタントから始める

アシスタントから始めるインテリアコーディネーター求人

これからインテリアコーディネーターの仕事を始めたいと考えている方の中には、「やってみたいけれど、いきなり自分ひとりではどうしようもない」と不安を感じている人もいるでしょう。どれだけ勉強を重ねても、どれだけ資格を取得しても、実際の仕事の方が得るものは多いというのが実際ですから、「まずはアシスタントから始めたい」と考える人も多いです。多くのコーディネーターを抱える企業では、さらに事業を拡大するためにコーディネーター自体を増員したいと考えるところも多く、「求人」と聞くと「欠員が出たのでは」と考える方もいるかもしれませんが、「採用の理由」は企業によってさまざまです。

さらに、その企業の人材になるということは、営業的に武器になるような人材に成長する必要があります。その企業で仕事をするということは、触れ合う顧客にとってはその企業の「顔になる」ということでもあるのです。独自化や差別化が進む昨今では、トップから末端に至るまで共通した意志を持って、それぞれの立場の仕事に臨むことが求められています。そのような理由から、経験者であっても、その企業の風土や大切にしていることを吸収するため、まずはトレーナーの元で学ぶということが多いです。

コーディネーターとしてのイロハを学ぶためのアシスタントであり、その企業に勤める人材として知っておかなければいけないことを学ぶためのアシスタントでもあります。社会人としてある程度経験を重ねた方であれば、トレーナーが言うことが業界的にそうなのか、それとも「その企業ではそうなのか」ということを嗅ぎ分けることもできるはずです。また、トレーナーのタイプによっては、その部分を明確に分けて教示してくれるケースもあります。大切なことは、企業の期待に応えつつ、インテリアコーディネーターとしての自分自身に磨きをかけていくことです。

アシスタントから仕事を始めるのだとしても、その教育の「質」によってはスタートが大きく違います。一時期言葉として流行った「OJT」は「実地訓練」ということですが、要は、「見て、感じて、盗め」ということです。そのような環境に馴染む方もいれば、そうではない方もいるでしょう。体系的な教育体制が整えられている環境を希望するのであれば、そのような職場を選択することが大切です。どのような職場がしっかりとした教育体制を持っているのかという情報を得るには、転職エージェントに相談してみるのもひとつの手段となります。

インテリアコーディネーターの求人に強い転職サイト

  サービス名 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2018 インテリアコーディネーター求人ガイド All Rights Reserved.