建築事務所のインテリアコーディネーター求人

インテリアコーディネーターTOP >> 条件別の求人 >> 建築事務所

建築事務所のインテリアコーディネーター求人

建築事務所では、建築士が住宅設計し、インテリアコーディネーターがインテリアプランを担当して、共同で空間づくりをしていきます。得意分野の違うプロフェッショナルが、意見を出し合いながら仕事を進めることで、お客様への提案も奥行きが深く満足度の高いものとなります。

建築事務所が請け負う仕事は、住宅に限らず、店舗や商業施設、オフィス、病院など大型の建築物に携わることも多々あります。それぞれの建物と用途にふさわしいインテリアの提案をするために、インテリアコーディネーターには幅広い知識が必要です。例えば、最新のファッション性を求める建物、重厚で長期使用できることを求める建物、いろいろな年齢層の人が集まるのに適したインテリアを求める施設など、建物そのものの性格を理解した上で、建物全体や各フロアをトータルでセンス良くコーディネートするのです。

また、建築事務所では、立ち位置としてインテリアプランナーとなることがほとんどです。インテリアコーディネーターが商品の提案や選定を主に行うのに対して、インテリアプランナーはインテリアの設計までを行います。CADソフトを使っての図面作成に始まり、手書きパースの作成、イラストレーターやフォトショップといったソフトウェアを使ってのプラン作成など、他の職場のインテリアコーディネーターに比べ、かなり高度な仕事内容となります。

こういった性格から、インテリアコーディネーターの就職先の中でも、一番キャリアや専門性が求められるのが建築事務所だと言われています。就職に際しては、2級、できれば1級建築士の資格を取得しておきたいものです。加えてインテリアコーディネーターとしての長い経験が必要です。これまでに住宅だけでなく、店舗やオフィスのデザインも経験していれば、採用時に強みとなるでしょう。建築事務所が請け負う建物には、不特定多数の人の利用を前提にしているものも多く、依頼者への提案には、依頼者からの要望以上に考察が行き届いたインテリアであることが期待されているのです。

建築事務所と一言で言っても、事務所の規模も手がける案件の規模もさまざまです。大きな施設ではなく個人住宅を中心に請け負う事務所もあるでしょう。ただ、空間づくりを個人の建築家に依頼するお客様というのは、強いこだわりを持っている人が多いのです。お客様との綿密なやりとりが重要であり、プレゼン力に加え高度なコミュニケーション能力も必要となるでしょう。

就職先に選ぶにはかなりハードルが高いかもしれませんが、経験があり資格を持っているのならば、建設事務所への転職は理想的なキャリアアップになると言えます。

インテリアコーディネーターの求人に強い転職サイト

  サービス名 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2018 インテリアコーディネーター求人ガイド All Rights Reserved.