30代向けのインテリアコーディネーター求人

インテリアコーディネーターTOP >> 条件別の求人 >> 30代向け

30代向けのインテリアコーディネーター求人

30代の転職というと、すでに不利なのではないかと思われることが多いのですが、インテリアコーディネーターでは、30代で転職した人が少なくありません。活躍できるフィールドが多いため、この年代ならではの感性を欲しがる会社や、前職での実務経験に興味を示す会社などもたくさんあるのです。

ただし、資格も経験もないとなると、30代では厳しいと言えます。経験は簡単には用意できません。資格も、もちろん試験に合格するのは大変なことですが、意欲があれば、こちらは頑張り次第で用意できます。未経験でインテリアコーディネーターを目指す場合は、公益社団法人インテリア産業協会が主催する資格「インテリアコーディネーター」や国家資格である「2級建築士」を取得するといいでしょう。

インテリアコーディネーターとしての実務経験がなくても、資格があれば採用に有利に働くことがあります。資格に加えて、前職で経験してきた業務が、この仕事に役立つものであるならば、さらに採用の可能性が高まります。例えば、設計事務所で意匠設計の業務を担当してきた人は、インテリアへの関心の高さについても説得力がありますし、経験した建築の技法などを取り入れた新しい提案もしてくれるのではないか、などと期待するハウスメーカーも多いでしょう。建築やインテリア関係ではない仕事をしてきた人でも、例えば販売職や営業職であれば、その経験を活かしてショールームスタッフとして活躍してほしいと考えて、キッチンなどの住宅設備会社や大手家具メーカーが採用を検討するケースもあります。

「20〜30代が活躍中の若さあふれる職場です」などと謳う求人が見られるように、インテリアコーディネーターという仕事では、30代はまだ若い部類に入ります。これは顧客がインテリアコーディネーターに求めることの中に、「共感してもらえる」という要素が大きな部分を占めているからです。自分のライフスタイルを説明し、好みを訴え、提案を求める顧客の立場から見ると、あまりに若い担当者では不安なのです。インテリアコーディネーターの年齢の高さは、生活経験が豊富であると解釈され、顧客に信頼感を持ってもらうのに役立っているのです。そういう意味では30代というのは、安心感を持ってもらえるかどうか微妙な年代です。まだ若いけれども信頼できる、という立ち位置が築ければ強みとなりますので、1人の生活者として成熟することも意識するようにしたいものです。

インテリアコーディネーターの求人に強い転職サイト

  サービス名 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2018 インテリアコーディネーター求人ガイド All Rights Reserved.