20代向けのインテリアコーディネーター求人

インテリアコーディネーターTOP >> 条件別の求人 >> 20代向け

20代向けのインテリアコーディネーター求人

お客様のニーズを的確に読みとり、その人に合った住空間や生活様式を提案するのが、インテリアコーディネーターの仕事です。そのためには、美意識やインテリアの知識だけでなく、建築に関する幅広い知識が必要ですし、お客様に理解してもらえる表現力、納得してもらえる提案力なども要求されます。人としての成熟度も求められる場合があります。

このような仕事柄、インテリアコーディネーターは人生経験の豊かさが歓迎される側面があるのですが、それでも20代という若さに対する期待値が高いのは、他の求人と同様です。住宅関連企業や家具メーカー、内装業者、リフォーム関連など就職先は多く需要もあるので、求人探しは比較的容易だと言えます。

ただ、実務経験がない場合は厳しい状況が予想されます。人気職種であるため競争率が高い上、企業は即戦力を求めますので、多少でも経験のある人を採用したいからです。そこで、いかに熱意を持っているかをアピールする必要があります。ひとつの手段としては、資格を取得することです。インテリアコーディネーターになるために、資格は絶対に必要というわけではありませんが、いかに本気でこの仕事をやりたいかということを、資格を取得したことで認めてもらえるはずです。もちろん、仕事の基礎知識が身に付き、未経験でも仕事をスムーズに始めやすくなります。

20代で経験がない場合は、アシスタントから始めることも考えてみてもいいでしょう。アシスタントとして働きながらインテリアコーディネートの仕事を学び、経験を積んでから一人前のインテリアコーディネーターになるという道です。まだ若く柔軟性のある20代の強みは、伸びしろの大きさです。素直で仕事熱心、勉強熱心であれば、先輩コーディネーターも教え甲斐があると感じて応援してくれます。現場でしか身に付かないのが実務経験です。雑用としか思えないようなことでも、積極的に動きましょう。若くて元気の良いアシスタントの存在は「職場を明るく活気づけてくれる」と歓迎されるはずです。

インテリアや建築の勉強をする、資格を取得する、経験を積む、いずれも20代でインテリアコーディネーターを目指す人には大切なことです。けれども、この仕事で最も大事なのは、依頼主に満足してもらえることです。そのため、お客様の要望を引き出したり、よりふさわしいものを提案することのできる力、コミュニケーション能力のポテンシャルがあるかないかも、採用側は見ています。前職や学生時代に、対人スキルを磨くどんな努力をしてきたかといったことも、社会人経験の浅い20代にとっては大きなアピールポイントになります。

インテリアコーディネーターの求人に強い転職サイト

  サービス名 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2018 インテリアコーディネーター求人ガイド All Rights Reserved.