インテリアコーディネーターのやりがい

インテリアコーディネーターTOP >> 辞めたい時の基礎 >> インテリアコーディネーターのやりがい

インテリアコーディネーターのやりがい

インテリアコーディネーターの仕事は好きで始める人が多いので、苦労はあってもやりがいを感じて頑張っている人が大半です。そのやりがいとは、やはり素敵な空間が出来上がった時の達成感であり、お客様に感謝してもらえた時の喜びであると言います。

そもそも、ヒアリング段階のお客様には、希望するイメージがあっても「何となく」である場合が多く、この漠然としたイメージから具体性を引き出し、お客様に「これこそが私の望んでいたもの」と思ってもらえるような形にしていくのは、インテリアコーディネーターの腕の見せどころでもあります。「無」から「有」を生み出す苦しさ、お客様の好みや予算などの制約がある中で、試行錯誤しながらバランスをとる工夫、そういった過程の全てを、プロとして誠心誠意こなしていくことにより、形になった時の満足度は高まります。コーディネートは正解のない仕事だけに、不安があるのも事実です。だからこそ、自分もお客様も共に納得できるものができた時には、この仕事ならではの達成感が味わえるのです。

また、お客様との信頼関係が築けて頼りにされていると実感する時、そして、自分のコーディネートを気に入ってくれて「ありがとう」と言ってもらえた時、迷ったり悩んだりした苦労は報われると言います。「あなたにお願いして良かった。また相談に乗ってね」という嬉しい言葉をもらって、次の仕事につながることも多く、仕事の枠を超えて友人としての楽しいお付き合いが続く場合もあります。

インテリアコーディネーターとして実績を重ねていくと、自分でも成長したことがわかります。自分の成長を実感として感じるのは、幸せなことと言えます。さらに、住宅メーカーの担当者、現場監督、建築士などといった、一緒に仕事をしている取引先の人たちとの関係も、信頼を勝ち得ていくとどんどん良好になっていきます。仕事がしやすくなるばかりでなく、人間関係の楽しさが増し、ますますこの仕事が好きになっていくのです。

また、設計事務所のインテリアコーディネーターの場合であれば、一般の住宅以外にも、店舗や大型商業施設を扱うこともあります。多くの人が利用する施設であればあるほどその反響も大きく、マスコミに取り上げられることも少なくありません。良い評判を聞けばインテリアコーディネーターとして嬉しいだけでなく、仕事のステップアップにもつながります。もちろん、多くの人に、喜んで長く利用してもらえる空間を提供できたことは大きな喜びであり、やりがいやモチベーションにつながります。

インテリアコーディネーターの求人に強い転職サイト

  サービス名 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2018 インテリアコーディネーター求人ガイド All Rights Reserved.