インテリアコーディネーターの求人倍率

インテリアコーディネーターTOP >> 求人倍率の基礎 >> インテリアコーディネーターの求人倍率

インテリアコーディネーターの求人倍率

インテリアコーディネーターとして働けるフィールドは多く、それぞれで求人の「難易度」は異なります。例えば、リフォームの施工業者が、それまで提供していなかったデザイン性の高いインテリアの提案を行うように「コーディネート部門」を新規に立ち上げたいということであれば、一気にまとまった人数の求人が発生することになります。そして、採用側にインテリアコーディネーターの良し悪しや実際がわかる人物がいない場合、「資格を持っていればどうにかなるものだろう」と、有している資格を順に並べて採用されるということも起こり得ます。

とは言え、「未経験」であればそのような求人に対しての即応性はなかなか抱けないものなので、「アシスタント」から始められるような仕事を選ぶ方が適していることもあります。つまり、インテリアコーディネーターとしての経験をしっかりと積める職場から始めようということです。しかし、「未経験でもOK」と打ち出された求人は、それなりに倍率が高くなります。人気の職種でもあるインテリアコーディネーターは様々なキャリアを重ねた人が新しいフィールドとして定めることも多く、志望する人が多いポジションなので、求人に対する倍率は高いのです。

しかし、募集人数に対しての倍率というものは、昨今ではあまり考える必要がなくなってきています。昨今の採用トレンドとしては、「採用に至る人材が見つからなければ誰も採用しない」ということが多い傾向があります。志望するライバルが多いのでイメージとしては「倍率」と捉えがちですが、本当はそのようなことはあまりありません。もちろん、採用枠が3名で甲乙つけがたい5名の中から選ぶという局面に至れば、経験と実力が拮抗した5名の中で席を争うということになってしまいます。

インテリアコーディネーターという資格自体、勉強さえすれば取得できるものであるため、この仕事を志望する人が年々増えているという現実はあるにしても、強みにすべきなのはやはりこの仕事に活かせる自身の「得意なこと」と「強み」です。人と接することがメインになる仕事なので販売や営業の経験は役に立ちますし、さらには、インテリア自体を作っていたことがあるという経験もコーディネーターの中では珍しいものがあります。それら、「自分だからこそ」という部分を転職エージェントと共に上手に武器にすることができれば、「倍率」をあまり気にすることなく転職活動ができるでしょう。

インテリアコーディネーターの求人に強い転職サイト

  サービス名 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2018 インテリアコーディネーター求人ガイド All Rights Reserved.