インテリアコーディネーターの資格

インテリアコーディネーターTOP >> 転職の基礎 >> インテリアコーディネーターの資格

インテリアコーディネーターの資格

インテリアコーディネーターの仕事を進めていく上で、持っていた方が良い資格がたくさんあります。実際は顧客の希望をどれだけ叶えることができるかという「個」に対する仕事になりますが、その資格を有していることで安心して仕事を任せてもらえたり、提案が受け入れられやすくなったりするというのであれば、資格を持つ価値は十分あると言えるでしょう。また、インテリアコーディネーターに関する資格を有している人材には、給与面で優遇措置を取っている企業もあります。

インテリアコーディネーターとして持っていると有利になる資格には、建築士、福祉住環境コーディネーター、キッチンスペシャリスト、インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、色彩検定、カラーアドバイザー、カラーコーディネーター、収納マイスター、整理収納アドバイザー、インテリアデザイナーなどたくさんあります。それぞれどのような環境で働くのかということがポイントで、リフォームとともに備え付けの家具を検討するようなことが多いのであれば建築士やキッチンスペシャリストの資格が適していますし、モダンな家具やインテリアを取り揃えていて、さまざまな色彩の中から選定するというのであればカラーコーディネーターなどが役に立つでしょう。

これらの資格に関しては、その資格を取得するために学んだということが大切で、資格を持っていれば何か特別なことができるようになるというものではありません。いわば、その資格はそれらのことを「学んだという証」なのです。そうして得た知識は自然と仕事に反映されるものですし、雇用側もそれを望んでいます。どの資格がどのように優遇されるのかは各企業によって異なりますが、転職エージェントに登録すれば、その企業の実情やシステムを知ることができます。

それらの資格を持つことで、その分野のことを「学んだ」ということになりますし、「資格を持っています」と一言添えれば、その提案を受ける顧客の安心感も変わってくるでしょう。しかし、その上で実際に納得いただけるような提案ができるかどうかは自分次第です。結局のところ、インテリアコーディネーターは「実力主義」の仕事なので、無資格であっても誰もが認める提案を行えるのであれば構いませんし、絶対に資格が必要というものでもありませんが、より深く仕事を進めていこうと考えた時には、自然と学びたいと思うようになるのではないでしょうか。

インテリアコーディネーターの求人に強い転職サイト

  サービス名 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2018 インテリアコーディネーター求人ガイド All Rights Reserved.