インテリアコーディネーターの適性(向き・不向き)

インテリアコーディネーターTOP >> 辞めたい時の基礎 >> インテリアコーディネーターの適性(向き・不向き)

インテリアコーディネーターの適性(向き・不向き)

インテリアコーディネーターに向いている人は、何よりもインテリアが好きであることです。インテリアと一言に言っても、家具や照明など特定のものから、部屋や住宅など空間全体を指す場合まで、幅広くそう呼ばれています。そういったインテリアが大好きで、もっと知識を深めてセンスを磨きたい、そしてインテリアのことで誰かの役に立ちたい、と思えることが一番重要です。

次に、自分が集めた情報を整理して、それを外に向けて発信していくことが得意な人は、この仕事に向いていると言えます。トレンドの移り変わりの激しいインテリアの世界ですから、常に情報は更新され、増え続けています。それを把握した上で、セレクトしてお客様にアドバイスをしたり相談に乗ったりする、それがインテリアコーディネーターの仕事です。デザインの流行や住環境の変化といった時代の流れを汲み取る力、必要な情報を選び取る力、それをわかりやすく伝える技術が備わっていれば、十分に活躍できるでしょう。お客様に提案する際には、そこで暮らす具体的なイメージを伝える必要がありますから、想像力が豊かであること、親切心があることも大切です。逆に、自分の価値観に固執して時代の流れを無視したり、ひとりよがりな好みを押し付けがちな人は、この仕事にはあまり向いていません。

また、インテリアコーディネーターは人と接することが多い仕事です。人と会い、話をすることに前向きな人は、適性があると言えるでしょう。お客様の要望を引き出すヒアリング力や提案する技術などは、仕事を続ける中で磨かれていくでしょうが、そこに至る前に、そもそも人とのコミュニケーションが好きである必要があるのです。お客様以外にも、職場のスタッフ、施工関係者、設計者など、さまざまな人たちと意思の疎通をはかる仕事ですから、人と話すのが苦手、という人には難しい職業でしょう。明るく元気な声で話せる人、真摯な態度で感じ良く振るまえる人が向いています。

さらに、マメに動ける人であった方が、優秀なインテリアコーディネーターになれると言えます。家具、照明、カーテンなど、頻繁に新作の発表会や内覧会がありますので、忙しくても時間を作ってこまめに足を運び、勉強し、実務に活かせる人が成長できるからです。商品の発表会などでも、会場全体がインテリアの勉強になることが多いので、ただ商品を選ぶだけではなく、小さな視点から大きな眺望まで積極的に吸収する姿勢が大切であり、そのような人であれば、適性があると言えるでしょう。

インテリアコーディネーターの求人に強い転職サイト

  サービス名 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2018 インテリアコーディネーター求人ガイド All Rights Reserved.