海外のインテリアコーディネーター求人

インテリアコーディネーターTOP >> 地域別の求人 >> 海外のインテリアコーディネーター求人

海外のインテリアコーディネーター求人

海外でも需要があるインテリアコーディネーター
もちろん海外でも活躍しているインテリアコーディネーターの人もいますが、やはりそこは海外、もしサービススタッフや店舗のスタッフとして働く場合は、その国の言語が流暢に話せなければなりませんので、かなりハードルは高いことになります。ただ日本人独自のホスピタリティを最大限に活かして、日本の家具店、インテリアショップ、またアンテナショップで働いている人もいます。その場合はむしろ日本的なインテリアを販売するスタッフになりますので、日本文化や歴史なども知っていると顧客と話しが弾むことでしょう。

また大口の商業施設などでも宣伝効果やアジア的なものを求められることがあり、そんなときに日本人の感性をもったインテリアコーディネーターやデザイナーがプロジェクトに呼ばれることがあります。世界的に活躍しているデザイナーさんも多いですが、海外ではあまり資格などを重要視しないので、たとえば建築家であればその国の建築家の資格をもっているのは第一ステップで、なによりも実力がものを言う世界です。そのため、自分の空間デザインやインテリアデザイン、建築などに自信がある人は積極的に海外に出て行くのもいいでしょう。

海外でインテリアコーディネーターになるには?
まずは専門学校や大学などで建築や空間デザインを学ぶのをおすすめします。海外で活躍するには語学力は欠かせませんので、海外の専門学校や大学がおすすめです。そこで建築や空間デザインを専攻するのが最も早道ですが、専門外の人が建築やデザインなどに進出してくる例も海外では多々あります。感性やセンスが求められるので、まずは海外に出てセンスを磨く、交渉力や言葉をしっかり学ぶことを重点的にやりましょう。建築やデザインで使うソフトウェアなどは日本も海外も同じものを使っていることがほとんどですので、実際、デザインや建築自体にはあまり語学力などは必要ありません。ただ、海外でビジネスの世界で生き抜くには押しの強さや、かなりの交渉力が必要となります。そして著名なデザイン事務所や建築事務所に入って何年か職歴をつけておけば、晴れて自分の好きなように活躍できるようになります。それまでは長い道のりですが、海外で苦労すれば日本での競争力がつくのでかなりおすすめです。仕事は積極的に取りにいき、自己アピールを忘れずに。またデザインや間取りなどに「日本らしさ」を意識するとより海外では評価されやすくなります。大きなコンペなどには積極的に参加していきましょう。

インテリアコーディネーターの求人に強い転職サイト

  サービス名 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 全国 詳細



Copyright (C) 2014-2018 インテリアコーディネーター求人ガイド All Rights Reserved.