インテリアコーディネーター求人ガイド

インテリアコーディネーターへの転職をお考えなら

インテリアコーディネーターはセンスを活かして住環境を快適にデザインする仕事です。オシャレでかっこいいイメージも強く、転職を希望する人は年々増加しています。

まだ一般的な職業ではない為、転職に必要な情報はハローワークよりもマイナビエージェントのような民間の転職エージェントの方が入手しやすい現状があります。インテリアコーディネーターの求人案件も常に最新のものが閲覧できるのも大きな魅力ですね!

インテリアコーディネーターの求人に強い転職サイト

  サービス名 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■マイナビニュースでお馴染みのマイナビグループのサービス。企業との関係は人事以外も
新卒・第二新卒対象の案件に特に強い!未経験OKインテリアコーディネーター求人多数
■業界情報などを得やすく面接などでの質問ネタにも困らないのでとても便利に活用できる
■インテリアコーディネーターに特化したコンサルタントなのでキャリアアドバイスが的確
業界出身者のコンサルタントが多数在籍!実体験に基づくサポートが得られるので安心!
厚生労働大臣認可の転職支援サービスなので完全無料!気軽に安心して相談できる!
■個人情報の取り扱いに関する高度な管理基準を満たしておりプライバシーマークを取得
大手とのパイプが太い!安心してインテリアコーディネーターのキャリアを重ねられる!



リクルートエージェント 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■利用者多数!インテリアコーディネーターとして年収が上がったなどの口コミ多数存在!
■インテリアコーディネーター業界、職種の転職市場動向などの情報がとても豊富で安心
■自分専用のコンサルタントが付くので継続して相談可能!収入やキャリアに関する相談も
求人の規模や紹介実績が国内No.1!さまざまなインテリアコーディネーター求人あり
■インテリアコーディネーターが初めてでも、おすすめのキャリアプランを提示してくれる
転職エージェント歴はなんと20年以上!信頼と実績のあるコンサルサービスだから安心
インテリアコーディネーター求人の9割が非公開!トップクラスの情報数だから選べる!
■キャリアアップもOK!よりハイクラスの求人情報も備えていて、現在の不満を解消可能



type転職エージェント 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
20代から30代に強い!新たにインテリアコーディネーターを目指す方に最適なサービス
■インテリアコーディネーターの職務経歴書の書き方や面接のコツなど、幅広くサポート!
■専任のコンサルタントが適性を判断!キャリアのアドバイスから最適な就職先を見つける
独占求人が豊富!typeでしか触れることが出来ない求人情報があるので倍率も減少
■大手不動産系からベンチャー系事務所までインテリアコーディネーターの豊富な求人あり
■無理に転職を勧めないので、本当に自分に最適な就職先だけを紹介してもらうことが可能
年収交渉から入社日の交渉も!個人ではどうしても手が回らない部分もしっかりフォロー
精通したキャリアアドバイザーが揃っているのでインテリアコーディネーター情報が豊富



DODAエージェントサービス 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
業界最大級40000件以上の求人情報が存在!自分に合った求人が必ず見つかる!
年収UPの転職実績が豊富。インテリアコーディネーターのキャリアアップ実績が多い!
■丁寧なキャリアカウンセリングで自身も気がついていないような適職を見つけられる!
■スケジュール調整が秀逸で面接の日時調整もOK!都合の良い時に転職活動ができる!
高度なWEBシステムが稼働中!オンラインで自身の経歴を登録し、そのまま先方に提出!
■面接には担当営業が同席する場合も。条件面の交渉などをしっかりとサポートしてくれる
■インテリアコーディネーターの仕事内容をしっかり把握した担当者だから安心!
インテリアコーディネーターとして就職後のケアも充実。疑問点など気軽に相談できる!



キャリコネ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
年収100万円アップの事例が多数!収入の悩みを転職で一気に解決することができる!
■登録するだけでインテリアコーディネーター求人元企業から直接スカウトが届くことも!
志望企業の口コミが多数存在!実際に働いている先輩方のリアルな声を知ることが可能!
■体験談からインテリアコーディネーターとして就職する際の面接対策を学べる!
■インテリアコーディネーターの増員求人などが豊富で確かな業績の企業から選択が可能!
■女性の転職にも強い!インテリアコーディネーターとしてバリバリ働いている先輩多数!
転職祝い金50万円がもらえるチャンス!インテリアコーディネーターの夢を叶えて賞金Get
複数サイトに同時登録が可能!キャリコネに登録するだけで情報収集がバッチリできる!



インテリアコーディネーターの転職のコツは?

インテリアコーディネーターをはじめとする「カタカナ」で表される職種は、若い世代を中心にとても人気があります。転職サイトなどで提示されている仕事の内容も、とてもクリエイティブな印象を受けます。「人の暮らしをデザインする」という言葉が適しているこの仕事は、特に専門的な資格を「今有している」わけでもなく、経験を重ねながら勉強できる環境があるので、働きながらステップアップしたいという方にとても人気の仕事になっているのです。その分競争率も高くなってしまっているのですが、その中で「仕事の本質」をしっかりと捉えておくことで転職活動を有利に進めることができます。

転職のコツは、「相手がどのような人材を求めているのか」ということを見抜き、そこに対して自分自信を売り込んで「登用したい」と思わせることにあります。インテリアコーディネーターを起用してさまざまな暮らしの提案を行っている企業にもさまざまなスタイルがあり、それぞれの目的があります。「リフォーム」自体を売っていて、その中の付加価値としてデザイン性の高い家具やインテリアを提案できる人材を求めている場合、或いは家具やインテリア自体を販売して成り立っている場合、それぞれ似ているようでどこか違います。

リフォームの施工を販売している場合、インテリアコーディネーターとしての仕事はすでにリフォームを成約したお客さまであることもあります。予算内で実現可能なものを、センスよく選んでほしいという場合、そこで意識することはお客さまが想像もしていないような、お客さま自身の選択では実現できないような家具やインテリアのチョイスをするということです。対してかぐやインテリアそのものを「販売する」という仕事である場合、相手をするお客さまはまだ成約していない方であることが多いです。コーディネーター自身が「販売員」として、顧客のニーズに応えつつ自社で取り扱っている商品を販売する必要があるということです。

同じコーディネーターでもそれぞれの立場で求められていることが少し違います。自身のそれまでのキャリアでは、どちらのタイプが適しているのかを考える必要があります。それまで営業や接客の仕事、あるいは店頭での販売の経験がある場合は、営業責任を持つことに抵抗はないはずですし、そのような経験は即戦力として受け入れられます。同じ仕事でも、求められている能力に少し差がありますので、自身の能力に適したフィールドを見つけることが有利に転職を進めるコツです。そのためにも転職エージェントに相談して、求人票だけでは読み取れない部分を意識することも大切です。


Copyright (C) 2014-2018 インテリアコーディネーター求人ガイド All Rights Reserved.